ダウンウェアで有名なフランス発祥の高級ブランド、「モンクレール」。創業1952年のとても歴史あるブランドで、日本でもあらゆる世代の方に人気です。もともとはテントやウェアなどの登山用具を扱っていたのですが、工場で働くスタッフの防寒用に作ったシェラフがダウンウェアの原型となり今日に至っています。その後、軽量で保温性に優れた装備を要望するアルピニストに応える為研究が続けられ、1954年にイタリアのカラコルム登頂隊、1955年にフランスのマカル登頂隊にウェアを提供、1968年にグルノーブルで開催された冬季オリンピックでは、チームの公式のウェアとしても採用されました。

スタイリッシュなデザインやカラーも勿論ですが、モンクレールが人気の理由は産毛の品質にあります。フランス規格協会が最高品質であることを証明する「4Flcorons(キャトル・フロコン)」マークを取得しています。こだわりのダウンはホワイトグースの産毛だけで作られていて、その産毛はフォアグラ用に飼育されるグースから採取されるとても希少なものだけを使用しています。選別の際には送風機を当てて、ある一定の距離を超えて飛ぶことのできた軽い産毛のだけを使用しています。その為、体積当りの密度が高く、軽量で保温力に優れたウェアを作ることができるのです。全てのモンクレールのダウンウェアにはこの「キャトル・フロコン」マークが表記されています。生産には職人による手作業が入る為大量に作ることができないということも、品質の良さを感じさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です